読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛犬に元気でいて欲しいから

愛犬むぎが元気で長生きしてくれるよういろいろ実験しているブログです。

梅雨時期に山に犬と入るときのヤマビル対処法

メジメ蒸し暑い毎日が続きますね(>_<)

 

早く梅雨が明けてスカッとしたお天気になって欲しいと願う今日この頃です(~_~;)

 

この蒸し暑い時期に山登りされる時は気をつけたいのが『ヤマビル』ですね。

 

ヤマビル(ヤマヒル、山蛭、学名:Haemadipsa zeylanica japonica)は、顎ヒル目ヒルド科ヒルの一種。陸生動物で、山野で大型哺乳類を攻撃する。ヒトにもよく着くので非常に嫌われる。ウィキペディアより

f:id:purenature-21:20160627195407j:plain

 

 

実は中国地方出身の私がヤマビルの存在を知ったのは数年前です。

 

ウチの父(鹿児島出身)に至っては先日初めてヤマビルにヤられて心配になって病院に行ったとかσ(^_^;)

 

流石に病院の先生もヤマビルで来た患者は初めて診たと仰ったらしいです(~_~;)

 

まぁ、血がなかなか止まらないし、後から痒くなることもあるのでヤられたくはないですがそれ以外に毒もないですしこれといって害はないんですよね。

 

だけどなんといっても気持ち悪い!

 

なのでヤマビル対策はしておいた方が良いです。

 

薬局やコンビニなんかで売っている虫除けスプレーの裏の表示を見てみてください。

そこに『ディート』の文字が入っていればヤマビルにも効果のある忌避剤が入ったスプレーだということがわかります。

 

ですが気をつけたいのはこの『ディート』は猛毒であるということ。

 

だから小さなお子さんや可愛いペットには絶対使いたくない成分なんです。

 

そこでオススメしたいのが『ヒル下りのジョニー』

 


 

 

何ともおちゃらけたネーミングですが、これは天然素材の成分でのみ作られているので万が一子どもやペットが口に入れても安心な素晴らしいヒル避け専用スプレーなんですよ。

 

これが買えるのはネットかアウトドアショップのみなのですが、お肌に優しいので是非持っておきたいアイテムです。

 

さて、人間の場合は身体中のどこでも嚙みつき血を吸うヒルですが、毛むくじゃらの犬の場合はどこにくっ付いて血を吸うと思いますか?

 

初めてむぎをヒルがいると言う山に連れて入った時のこと。

 

それまでヒルといえば田んぼに生息する緑色の平べったいのしか見たことがなかったのでどんなものなんだろう?

と思っていたのですが、奴らは気付かないようにそっと這い上がり、分からないようにこっそり血を吸い、お腹いっぱい血を吸うと気づかれる前にポトッと落ちます。

 

なので大抵気づいた時には時すでに遅し、血がだらだら流れている、と言うわけです。

 

私は対策もせずに入ったので、あろう事かお腹に吸い付いてるのを見つけてひっくり返るほど慌てふためきました!

 

奴らは1分足らずで首あたりまで登ってきます。

 

その時は自分のことで精一杯でむぎどころではなかったのですが、下山してからヒルをすべて祓い去り、一息ついたところで、ところでむぎは?となったわけです。

 

お腹あたりを見てもついてる様子はありません。

 

すると友人が『獣の場合は指の間に付くんだよ』と教えてくれました。

 

見てみると水掻きの間に何匹ものヒルがうじゃうじゃと引っ付いていたんですΣ(゚дlll

 

思わず悲鳴をあげてのけぞりました。

 

私にはとてもじゃないけど素手で奴らを捕まえることができなかったんです。

 

友人が一匹一匹丁寧に引き剥がして持参したヒル下がりのジョニーをかけて退治してくれました。

 

ヒル下がりのジョニーを振りかけられたヒルは吸った血をすべて吐き、そのまま息絶えます。

 

私には何もかもが衝撃的で恐ろしい1日となってしまいました(>_<)

 

それ以来、ほとんどヒルのいる山にはむぎは連れて行ってません。

 

 

そんな訳で、あえてこの時期にヒルのいる山に入ることもないと思いますが、場所によっては秋口までずっと生息しているのでどうしても入る場合はヒル下がりのジョニーをわんこの足裏にシュッシュッとひと吹きしてから入山しましょう!

 

結構効果はありますよ(^^)

 

近年、鹿の天敵である狼ががいなくなったことで鹿が繁殖し、その鹿がヒルをあちらこちらに落としてヒルの生息範囲を広めていると聞きます。

 

ヒルには天敵がいないので、一匹一匹駆除していくしかありません。

 

初めてヒルを見た人は男性でもだいたい慌ててそのまま払ってしまうんです><

 

皆さんもヒルを見つけたらそのまま払ってポイッとするのではなく、必ず抹殺をお願いします。

 

ヒルはめちゃくちゃ弾力があり、ちっとやそっとじゃ死にません。

 

ヒル避けスプレーやライターなど持っていなければ石で潰すなどしてしっかり息絶えたことを確認するよう重ねてお願いいたします。