愛犬に元気でいて欲しいから

愛犬むぎが元気で長生きしてくれるよういろいろ実験しているブログです。

アロママッサージは犬にとっても癒し効果があるのか?検証!

 

f:id:purenature-21:20160624110410j:plain

 

犬の癒し効果で、前回はヒーリングミュージックを調べてみたので、今回はアロママッサージの癒し効果について実験、検証してみたいと思います♪

 

ちなみにヒーリングミュージックをかけて出かけた効果のほどですが、今のところなにも感じられていません^^;

 

引き続き検証を続けたいと思います!

 

写真はインテックス大阪で行われた犬のイベントに行った時のものです。

 

6年位前になりますが、すでにその頃から「ペットに癒される」から「ペットを癒す」に変化してきていることがわかります。

 

ネットで調べれば犬が癒される服とか、人間顔負けのいろんな癒しグッズが販売されていますね。

 

ペットの癒し産業凄いです!

 

当時はあまり犬へのマッサージとか考えてなかったのですが、その後、犬の専門学校のイベントでワンコのアロママッサージ講座というものがあるというので受けに行ったことがあります。

 

無料でしたがしっかりテキストもいただき、精油の選び方からマッサージの仕方などを丁寧にレクチャーしてもらいました。

 

その時に教わったのは「まずは愛犬にアロマの香りを嗅がせて選ばせる」ということでした。

 

ワンコが嫌がって顔を背けたらそのアロマはダメ、ということでしたが…

 

どんな精油でも愛犬が嫌がらなければ大丈夫なの?

 

と疑問に思い、調べてみたところどうやら犬に使ってはいけないアロマというものがあるようです。

 

アニス、オレガノ、ウィンターグリーン、ウォームシード、カラマス、カンファー、カシア、クローブ、サッサフラ、サンタリナ、ジュニパー(果実より抽出したジュニパー・ベリーは使用可)セイボリー、タイム、タンジー、バーチ、ビター・アーモンド、ヒソップ、マグワート、マスタード、ラベンダーストエカス、ルー、ワームウッド

 

なんと23種類もありました!

 

犬に禁忌なアロマ精油とその理由も書かれているようでしたが、正直どれも聞いたことがない、普段使わないような精油ばかり。

私が主に使っているのはラベンダー、ローズマリーユーカリレモン、イランイラン、ゼラニウム、ティートゥリーなので問題はなさそうです。

 

ということで久しぶりにむぎにアロママッサージを施してみました。

 

むぎが選んだのはラベンダーです。

 

インテックス大阪のイベントは人が多くてしかも病院の診察台のようなものに乗せられリラックスどころか不安そうでした。

 

専門学校のイベントでは周りにたくさんのワンコがいたので気になってこれまたリラックスできていないようでした。

 

今回は自宅ということでどうかな?と思ったらやはり落ち着くみたいで気持ちよさそうに眠ってしまいましたよ♪

 

ということで犬にとってはマッサージされる環境にもよるけれど癒し効果はあります!

 

アロマを使わなくても、大好きな飼い主さんに優しく撫でてもらうだけで心安らぐんじゃないかな?と思いました。

 

なので皆さんもゆっくり時間があるようでしたら、全身を優しく撫でてあげてみてくださいね^^

 

スポンサードリンク