愛犬に元気でいて欲しいから

愛犬むぎが元気で長生きしてくれるよういろいろ実験しているブログです。

犬のストレスを軽減させる為にもやっておきたい車に乗せるトレーニング

f:id:purenature-21:20160619210843j:plain

都会に住んでいる方は車を持っていない人も多いかもしれませんが、犬を飼っているとどうしてもその利便性から車が必要になってきます。

 

普段は乗らないけど犬がいるから所有してるという人もいるほど。

 

例えば病院に連れて行く時など近所になければタクシーには載せられないのでどうしても車が必要になります。

 

またお出かけするのにペットホテルヘ預けるときも、車がなければ何かと不便で困りますね。

 

そんな時の為にやっておきたいのが車に乗るトレーニング。

 

最初は車酔いするかもしれません。

 

うちの子も来たばかりの頃は車酔いしてヨダレをシートにダラダラとたらしてました。

 

でも載せているうちにだんだんと慣れてきて、今では余裕の表情で景色を眺めてます。

 

このトレーニングのポイントは、やっぱり乗る必要性があるときにだけ車に載せるのではなく普段から載せるようにしておくことですね。

 

載せる必要性があるときって、たいてい病院とかじゃないですか?

 

毎回車に乗るたびに病院に連れて行ってると「車=病院」と関連付けて、車に乗るのを嫌がるようになります。

 

この子たちってすぐに「関連づける」ので要注意!

 

そうならない為にも、車に乗せてドッグランへ行くとか、ドッグカフェに行くなど愛犬が好きな場所へ連れて行くようにしましょう。

 

そうすると「車=楽しいところに連れてってくれる」と関連付けて喜んで乗ってくれます。

 

うちのむぎに至っては、しばらく車に載ってないと散歩の途中で車に乗りたがる素振りを見せる始末。

 

「今日はお出かけしないよ?」というと「えーそうなの?残念だな」ってがっかりした顔して散歩するんです!

 

車でのお出かけが相当気に入ったようで嬉しいやら困ったやら…^^;

 

ところが一時期病院通いが続いたことがあり、そのあとしばらく車がある方向へ散歩に行きたがらなくなってしまいました。

 

もう、考えすぎだってば!頭良すぎて困ります><

 

車に乗せるときの注意点としては、お腹に食べ物をたくさん入れてない状態にしておいたほうがいいですね。

 

食べたものを全て吐いてしまう場合があります。

 

山道などのくねくね道も人間が酔うように犬も酔うので注意してください。

 

また乗せる距離も最初は短く、だんだん距離を伸ばしていくようにしてください。

 

嫌がるワンコを無理矢理車に乗せるのは飼い主とっても心苦しいですし、ワンコにとってはすごくストレスです。

 

ぜひ愛犬とのお出かけを楽しみながらトレーニンングして、いろんなところにお出かけできるようになって欲しいです^^

 

スポンサードリンク