読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛犬に元気でいて欲しいから

愛犬むぎが元気で長生きしてくれるよういろいろ実験しているブログです。

愛犬と楽しむアウトドアスポーツ

私は元来のアウトドアスポーツ好き♪

 

18歳から15年ほどはジェットスキーをやってましたし、冬はスノーボードをしたり、クロカンと言って4輪駆動車で山を駆け回るような遊びにも興じていました。

 

犬を飼うとアウトドアスポーツはもうできないだろう、旅行すら無理だろうと腹をくくってむぎを迎え入れました。

 

ところがむぎは大人しいわんこで無駄吠えもしないし、あるていど躾けもしたからどこへでも連れて行けるようになったんです。

 

そこで愛犬と一緒にできるスポーツはないか?といろいろやってみました。

 

ディスクドッグやドッグアジリティ、山登りにカヤックでの川下りなんかにもチャレンジしました。

 

結果、むぎが一番楽しそうにしているのが山登りでした。

 


【犬のおもしろ動画】 山でお散歩 A walk with a dog

これは広島に行った時に登った山です(山の名前は忘れました^^;)

 

もともと生駒山で野良生活をしていたこともあり、山を走り回るのは好きなのかもしれません。

 

ディスクドッグとか一緒にするのは憧れましたがどうやらディスクを口でキャッチするのがあまり好きじゃないみたい。

 

ドッグアジリティもやってはくれるけどやはり自分の好きなように走り回りたいみたいで、決まったコースを走らされるのは嫌みたいです。飼い主そっくり^^;

 

山登りはむぎのために始めました。

 

正直言って私はあまり好きじゃないんですよね。だってシンドイし。。。

 

だけどむぎが嬉しそうな顔をするのでつい連れて行ってあげようかな!と思うわけです。

 

今まで大山や富士山、開聞岳などの日本百名山と言われる山に登ってましたが、人が多いのとむぎは野山を自由に駆け回りたいようだったので、いわゆるトレッキングコースじゃないような山(獣道すらなく急斜面で時に危険も伴いますが)をノーリードで走らせています。

 

先日は嬉しい出来事がありました。

 

私は地図が読めないので携帯のGPSを持っていくのですが、その日はGPSの調子が悪くて機能しなかったので仕方なく何もなしで入山しました。

 

電力会社の標識が時々あるのでそれを目印に山頂の鉄塔のところまで登りました。

 

そんなに難しいルートじゃないけど帰る時はやはり道がないので迷ってしまいました。

 

まっすぐ下方向へ降りれば道路に出られるのですがもしかしたら崖になっていて迂回しないといけないかもしれないし、私はかなり方向音痴なので違う方向へ行って戻れなくなってしまう可能性もあります^^;

 

その時にふと今までむぎが割と道を覚えて歩いてるということを思い出したので試しにむぎに付いていくことにしてみたんです。

 

「車に戻るよ!道案内して」と。

 

そしたら地面の匂いを嗅ぎながら来た道っぽい道を進んでいきます。

 

もうそろそろ左に曲がらなかったっけ?私はちょっとむぎを疑いながらも付いて行ったのですが、道は見事に来た通りの道ですんなり車までたどり着けました♪

 

しかも私のペースに合わせて歩いてくれるし、ちょっと先に行ってもその先で待っててくれてるし、「ちょっと待って」といえば待ってくれます(待っては教えましたが)

 

なんかむぎが一回りもふた回りも多くなったように感じてめちゃくちゃ嬉しかったです!

 

あまりむぎに頼ってばかりいるのも危険なので今後は地図なりを持って入ろうと思います^^

 

 

スポンサードリンク